ほくろ除去のために美容整形外科を受診しよう【優良医院を探そう】

美容外科や皮膚科での施術

カウンセリング

費用の相場は

「こんな位置でなければ良かった」「一層の事取ってしまいたい」身体のどこかに1つくらいそう思わせるほくろがある人は少なくありません。特に顔にあるものは鏡を見る度に目に入ってきてしまいますし、他人の視線が自分のほくろに向いている事が気になってしまう・・・という人もいます。しかしながら、美容整形外科や美容皮膚科での施術は「美容目的で顔にメスを入れるのは如何なるものか」「高額な費用がかかってしまうのではないか」などの心配が先行し、敷居の高いもののように感じてしまいます。ほくろ除去をより身近なものに感じる為には施術内容や費用の相場をしっかり理解する事が大切です。まず始めに考えるのは、その施術を通常の皮膚科で受けるのか美容整形外科や美容皮膚科などのクリニックで受けるのかという点です。美容目的でほくろの除去を行う場合、健康保険の適用にならず全額自費診療となるのは両者同じですが、特に通常の皮膚科の場合は健康保険の適用となる場合もあります。例えば、ほくろが悪性である場合や、悪性でなくとも放置する事で肥大化する可能性がある場合、私生活に支障がある場合や、医師が医療目的として除去すべきと判断した場合です。確かに健康保険が適用された方が診療費は3割負担で済む為、費用面では抑えられます。しかし、実際に健康保険を使って皮膚科で施術を受けた場合と、美容外科で自費診療を受けた場合で比較するとそこまで大きな料金差はないと言われています。その理由は、もともと美容外科における施術の中でも他の痩身術や美容治療と比較すると、ほくろ除去はそこまで高額なものではない為です。自費診療となる為、もちろんクリニックによって料金設定は様々ですが、例えば有名クリニックでは、直径1ミリあたり4860円と決まっているので明瞭で安心できます。合計1センチ分のほくろを除去するのにかかる費用が4860円×10ミリ=48,600円となります。また、保険診療との違いとして自費診療の場合はクリニックによっては割引や会員価格というものがあります。入会費500円を支払ってクリニックの会員になると施術料が20%割引になる等です。具体的に言うと先述の施術の場合、48,600円でしたが500円の入会費をプラスすると20%オフの38,880円で受けられます。保険診療でも施術前後の通院を含めるとトータル数万円の費用がかかりますから、あまり大きく違いは出ないようです。また、一言でほくろ除去と言っても施術方法はたくさんあります。代表的なもので言うとシミ取りにも使われるQスイッチレーザー、盛り上がったほくろに適する炭酸ガスレーザー、特殊なメスでほくろをくり抜く方法等です。レーザーの場合はだいたい2?3ミリ程の大きさで1万円前後、そこから1ミリ大きくなるごとに5千円?1万円程加算されるのが相場のようです。施術方法は色や形(盛り上がりの有無)等によって決まりますが、それと大きさによって費用は大きく変わります。多くの美容外科・美容皮膚科では無料のカウンセリングを実施していますので、気になる場合は一度相談してみると良いでしょう。

To Top